2006年12月05日

2006-12-05

大阪の、とある2つの病院でミニコンサートをしてきた。
以前から気持ちにあった「身の回りから出来る事をやってみるべ構想」の小さな第一歩だ。(正確には震災の時以来かな)
学校コンサートや病院コンサートを精力的にやってる西村由紀江ちゃんに相談してたりしたんだけど、俺と同郷の知り合いが大阪で整形外科医をやってたりして、彼のコネクションやボランティアの看護師さんの尽力とかもあって、実現出来た。大感謝。
聴いてくれたのは、車イスのおじいちゃん、おばあちゃんを中心に入院生活の長い方、痴呆の方とかもいました。
でも、皆、本気で泣いたり、笑ったり、歌ったりしてくれました。
これは人の為とかそんなんじゃないと改めて実感。
自分の為だわ。ともすれば、若干24歳で「水泳にもうときめきがなくなった」と引退したイアン・ソープの気持ちもなんとなく解る俺としては、危くて脆い、自分と音楽との関係を再確認したかった行為なのかもしれん。
仕事としてではないので、世間ではこういうのをボランティアとか言うらしいが、そんな大それた気持ちはない。こういうとこで言うのも控えようと思ってたんだが。
ただ、一応これでもプロなので(苦笑)「呼びたいけどお金がかかるんじゃないか」とか「しがらみ的に難しいんじゃないか」と先方に思われる事も多々あるようで、やはりこちらからある程度、気持ちを発信しないと、依頼しづらいという事もあるみたい・・・。
まぁ俺なんかは、こことかラジオくらいしか発信する場所がないけど、自分に時間的余裕と諸々の余裕がある時は、ピアノさえあれば、身ひとつで行くので、もしこれを見ている病院関係者の方、
ピアノ演奏、落語、漫談・・等のご要望がありましたら、気軽に声かけてみてください。

【未分類の最新記事】
この記事へのコメント
音楽が人を癒す力ってほんとにすごいです。
私、看護師をやっているのですが、寝たきりで意思の疎通がうまく図れない患者さんや認知症のお年寄りも音楽にちゃんと反応するんですよ。

大ちゃんがなさっていること、ほんとに素敵です。
拍手を送ります。
Posted by momoco at 2006年12月05日 01:52
こんばんは、さっきまでFMを聴いていました。
寝る前に「ブログ更新されてるかなぁ〜」 と思って、パソコンつけたら、「更新されてるやん」と軽い気持ちで読んでたら、急に涙が・・・  ひとり感動して、でも最後の「ピアノ演奏・落語・漫談・・等のご要望」??
えっ? 大ちゃん、ちょっと待って! ピアノはまぁ当然ですけど、落語・漫談って、マジですか?
ホントにやるんですか?(着物姿?) 想像すると、眠れなくなりそうです。(でも見てみたい気持ちもアリなんですけど・・・)
Posted by chicaco at 2006年12月05日 01:58
ただただ、涙が出ました。
本当に素晴らしい志だと思います。
大さんほどの成功をおさめながらも、まだ気持ちを其処へ持っていられるなんて…。
大さんのような考えを持っている方こそが、真のボランティア精神のある方だと思います。

余命宣告を受けている兄を持つ私は、(これこそこんな所で言うことではありませんが…)
病院で大さんの演奏を聴き、本気で泣いたり笑ったりする方の気持ちが多少分かります。
病院の外に居る人々と自分にだんだん大きな溝を感じ、それが寂しくなり苛立ちに変わり、やがて見捨てられるのかも…と辛くなるのだと言っていました。
そしてその家族は、分かってはいても、時に、介護する自分を誰かに支えて欲しくて、辛く悲しくい気持ちになります。
頑張り過ぎて、逃げ出したくなります。
変な書物や怪しい物を持って、「コレがあなたを救います」と訪れた時ほど、人を怒鳴ったことはありません。
大さんの気持ちこそが、大きなボランティアなんです。
Posted by yoshimi.k at 2006年12月05日 02:37
大さんまた新しい事に挑戦ですね。
これからの活動心から応援しています。
Posted by YMK at 2006年12月05日 05:49
大さん、お久しぶりです。でも、ブログはいつも拝見しておりますよ。

私もブログを読んで、みなさんのコメントを読んでいるうちに、亡くなった父を思い出して泣けてしまいました。入院中、コンサートとかイベントがあると、楽しそうに話してくれたなぁと笑顔が思い出されました。

『情けは人の為ならず』という言葉がありますが、人に何かしてあげること(と言うのもおこがましいですが)は自分のためでもあるんですね。お金や物はたくさん持っていなくても、いつも心おだやかに、人に向き合える自分でいたいと思います。

いつか私の病院に、大さんが来てくれますように。
Posted by とも at 2006年12月05日 08:12
今このブログを会社のPCで見てるんですけど・・・
思わず涙が出そうになって慌てて抑えました。
大さん、本当に素晴らしいことされててスゴイです。

同僚のお父様が長期入院して生気がなくなっていたのに、先日某ライブDVDを見たら、気持ちが元気になってちょっと回復されたんだそうです。

私たちのような健常者でも大さんのピアノに元気をもらっているんだから、病院生活の長い方には
本当にうれしい出来事だったと思います。
みんな、そして大さんもパワーもらえるなんて
こんな素敵なことないですね!
これからも頑張ってください♪
Posted by ひさこ at 2006年12月05日 10:12
いつもブログを読む度に、大さんの色々な面を知り、なんて魅力的な人なんだろうとつくづく思ってしまいます。。。飾り気や見栄がなく、自然体の表現が出来る人こそが本物なんだと思います。そしてその価値が分かる人が大さんに魅了されているんですね!!
Posted by Saeko at 2006年12月05日 16:41
大ちゃんのファンであることがとても誇りに思いました。応援していてよかった・・・

大ちゃんの想いがピアノとともに人の心を揺さぶったんでしょうね。
その場を想像しただけで涙がでそうでした。
人の心を癒すのは、やはり人なんですよね・・・・
Posted by MIHO at 2006年12月05日 19:35
こんばんわ。

ちょうど今日体調の悪いのが悪化して、
3amぐらいに病院に駆け込んで、明け方まで
点滴打たれながら、ベットにいたのですが、
いろんなたくさんの人がここには、いるのだと
思いました。具合の悪いときというのは
とてつもなく不安で苦しいもの。。
それがずっと続いてる人はどれだけの思いで
いることでしょうか。
いろんな制限があるなか、病院という場所の中
沢山の葛藤の中、音楽という救いはきっと
素晴しく幸せに思うとき、何かを感じられる
ときだったと思います。素晴しいです♪

以前、京都のお寺でお坊さんに諭されたこと。
優しさと思いやりの違い。。
優しさとは見返りを求める心。ありがとうと
言う言葉を求めるということ。
思いやりとは、見返りを求めない心。
席を譲った方に、何も言われずとも、
お気をつけて。。っと心で思ってあげれる心。
大切な人を叱れることも思いやり。。

人にとって一番大切なのは、誰かを思いやって
行動するということ、誰かに思われて、幸せ
な気持ちになるということだと思うのです。
素の心は、まっすぐに相手に行き渡って、
沢山の感動と幸せと暖かさをもたらして
くれるのだと思います。

そして、今日も体調が最悪な中、
大さんの曲に癒され、仕事頑張れちゃいました♪
大さんの曲って不思議と痛みだとかが和らぐ
暖かい音なんですよね♪
一番の良薬です♪

p・s
お昼に文章を読んで感動しつつ思ったこと。。
病院とかでのミニコンサートとかだったら、
きっと小さい頃から入院されているお子さんとかも
いらっしゃると思うので、pianoとか弾いたこと
ないと思いますし、実際に音を出してはいけない
場所ですよね。体験コーナーとか実際に自分で
音を出してみるという。そういう思い出って
きっと、その人の中に素敵な思い出として、
思い出すこともできるし、素晴しいひとときに
なるのではないのかなっと。。
ふと考えてしまいました☆
Posted by hitomi at 2006年12月05日 20:10
新たな大さんの姿が分かって、またまた大さんって素敵だなぁと思いました。
私が今の病気になって3年になりますが、途中2回入院しています。大さんのピアノを聴いていると、気持ちがあったかくなったり、元気が出たりしました。仙台のシルバーセンターでのコンサート。一曲目、いつも耳にしていた曲が目の前で演奏している!ただただ感動でした。
行くときは岩手なので仙台にたどりつくかなってくらいエネルギーがいったけど、帰りは満ち足りた思いになり岩手に戻るのがもったいなかったです(握手できたし♪)
音楽は人に力を与えてくれます。大さんはそういう素敵なお仕事をしていて羨ましいです。
Posted by 多佳子 at 2006年12月05日 21:18
>でも、皆、本気で泣いたり、笑ったり、歌ったりしてくれました。

ココ読んで、なんだか、言葉に出来ない気持ちがこみ上げてきて、私までもが「ありがとうございます」って感じです。

これからも、頑張ってくださいね。(>▽<)
Posted by NO NAME at 2006年12月05日 22:20
こんばんは
北海道のオホーツク海近郊の病院に勤務しているものです。単調な入院生活を送っている患者さんにとってボランティアの方によるミニコンサートは確実に大きな楽しみ、励ましになっています。毎年この時期にはクリスマスコンサートとして小さな演奏会が催されますが、寄せ集められた待合いの長いすに子供から老人まで様々な病気の治療に取り組んでいる患者さんが杖をついたり車いすにのったりしてあつまり、様々な姿勢で演奏に聞き入り日常にない時間を過ごします。私自信は大さんの演奏を聞くため札幌に限らず各地のライブに行く事ができますが、その大さんが演奏を聞きに来られない方のために自ら演奏に出かけられるというお気持ちに感銘しました。忙しいスケジュールもあると思いますがもし、全国ツアーをされる企画があれば最北端の会場として私の勤める病院にいらして下さい。これからも応援していきます。
Posted by Kasugarian at 2006年12月05日 23:06
大さんのファンでよかったと、改めて思いました。

音楽性、人間的ともに尊敬します。

これからも大さんの活動をずっと応援していきます!
Posted by ちかこ at 2006年12月05日 23:14
皆さんと気持ち同じく、大さんのファンであることを、誇りに思います。素晴らしい。こんな感激的なことをしながら、コメントはいつも控え目で、大様が一層大きな存在に思えます。今、やりたいことが一番素晴らしいことですよ、頑張って下さい、いつも応援してます☆
Posted by yumidi at 2006年12月05日 23:25
「身の回りから出来る事をやってみるべ構想」!
見習わなければと痛感しました。
病気の自分を少しでも忘れられる時間って
大切ですよね。

私も皆さんと同様に
大ちゃんをもっと応援していきたくなりました☆
Posted by ATUSKO at 2006年12月05日 23:40
とっても綺麗で素敵な音色を奏でられるのは、とっても綺麗で素敵な心の持ち主だからなんだと、しみじみ感じました。
初めて演奏を聴いた時もそうでしたが、風貌とのギャップにKOです。(失礼極まりないですね!ごめんなさい!!)
小さな一歩がどんな方向へ進んでいくのか期待しています♪
Posted by やすえっち at 2006年12月06日 00:18
大さんのピアノを聴いて
涙したことがあります。
ファイト!
って、背中を押されたときがあります。
これからも、いい活動なさってください。
Posted by さくら at 2006年12月06日 00:31
すてきなコトですね。
読んでいて嬉しく、あったかい気持ちになりました。
Posted by sumomo at 2006年12月06日 00:32
大さん、こんばんは。ミニコンサート、お年寄りの方々に喜んで貰えてよかったですね!
それにしても大阪〜!?お年寄りに混じって聞きたかったです…。
私も患者さんに接する仕事ですが、患者さんの為にしているようで、実は患者さんから教えられたり、刺激されることの方が実は多くて、特に感謝されたらそれが嬉しくて自分も満たされます。どうもそのために仕事しているようだと気付きました。
大さんのお気持ちに近いですか?
勿体なくも無料で来てくださるとのこと。
オフィスにオファーさせてもらえばいいのですね。

「大さんバンザイ!」
Posted by hina at 2006年12月06日 00:56
大さんが、こういった活動をされた事に少し驚きました。
 私は、介護の仕事を始めて15年になります。人の為に何かがしたくて、この仕事に就きました。しかし実際には、人のために何かをしてあげるというより、それをさせてもらった事により、自分に返って来る形なきものに、戸惑いと感謝を感じる日々となっています。内容にもよりますが、ボランティアって、慈善意識とかそんなんじゃないですよね。自分自身を見つめ直す機会…そんな気がします。
 リハビリに、音楽療法というものがあるとおり、音が人に与える影響は多かれ少なかれある様です。誰のためとかでなく、今後もこの様な活動をされることを応援しています。お仕事の合間をぬってのことでしょうから、身体には十分気をつけてくださいね。
Posted by 純子 at 2006年12月06日 01:45
大さん、すごいですね。
他の方同様、大ファンであることをこれほど誇らしく思ったことはありません。ライブやCD等でのサポートが大さんの活動を支え、そういったボランティアにも実はつながってると考えると、こちらも嬉しくなります。

イギリスの耳の不自由な男性が、大学で音楽を勉強し、耳の不自由な子供たちに音楽を教えるワークショップをしているというドキュメンタリーをテレビで見たことがあります。パーカッションのような楽器だと、聞こえなくても振動で感じることができ、初心者の子供たちも入門しやすいようです。(教えてる男性は、見事にピアノを弾いてました)

音楽がないと生きていない私は「耳が不自由になって、音楽が聞けなくなったら、なんとつまらない人生だろう」と思っていましたが、それは偏見だったと思い知らされました。耳が聞こえなくても音楽を楽しむことはできるようです。

あまり関係ないこと書いてしまいましたが、概念に囚われない自由な活動を通して、大さんの素晴らしい音楽を楽しむヒトが増えてくれたら嬉しいなと思います。

それから大さんの高座姿も見てみたい!落語はなかなかステキな案です。記憶力・演技力が試されますよ。
Posted by じゅね at 2006年12月06日 01:50
読んでて、とても心あたたまりました。大さんステキです。
沖縄なんで、かなり遠いのですが…いつの日か、ぜひうちの病院にもいらして下さい♪
Posted by tomo at 2006年12月06日 21:18
昨晩、とあるライブから帰ってきた時体が冷え切って寒かったのですが、大さんのコメントを読んで体も心も一気に温まりました。
お忙しい中、こんな素晴らしい活動をされていたとは・・・。こういう気持ちがあるからこそ、素敵な音楽が生まれるんですよね♪
改めて大さんのファンでいて良かったなと思いましたし、皆さま同様誇りに思います。

私が小学生の頃、近くの老人ホームでリコーダーの演奏をしたことを思い出しました。その時の状況ははっきり覚えていませんが、皆さまがとても喜んでくださっていたような気がします。
「音楽に言葉の壁はない」とよく言いますが、本当にその通りだと思います。
これからも応援しています。
Posted by みえ at 2006年12月06日 22:04
大さんのピアノで励まされたり、元気づけられている方って、たくさんいると思います。大さんのお話を読んで、心が温まりました。『身の回りから出来ることをやってみる』って、大切な発想ですね。私は、何ができるんだろう…と考えてしまいました。
Posted by 金木犀 at 2006年12月06日 22:15
音楽や笑いに本当に助けられた人なので、書き込み読んだら、思い出して泣いてしましました。
私は8年前、症例のほとんどない進行がんになりました。
薬だけに頼らないよう、友人に「割り箸口に突っ込んでも笑え!」と言われて、闘病中、本気で笑ってました。だから、お笑い番組やコメディー映画ばかり見てました。

10年予後を診させてくださいと、大学病院に言われているので、まだ克服したとは言えませんが、おかげさまで、再発もなく元気に過ごしてます。
他の病気で大学病院に20年以上通ってますが、いろんなボランティアの方々にお会いします。
皆さんには感謝って言葉だけでは物足りないくらい、頭下がります。

大さん、頑張りすぎないよう、是非続けてくださいね。
私も違うジャンルでボラやってますが、義務感や苦痛感が出てくると、続かなくなります。だから、たまにしんどくなることがあります。

銀座で先月、初めてお会いした大さんの前でサルやっちゃいました。ボラやってる時の、子どもたちや仲間の前で普段やってる馬鹿モードのスイッチ入ってました。ライブのときの私しか知らないtomocaちゃんも、きっとびっくりしたと思います。嬉しかったのでつい…。
Posted by ペルシアンイエロー at 2006年12月06日 23:31
大さん、こんばんは☆
ご自分の心と向き合って頑張ってみえるのですね!思い描いている事を一つずつでも実現出来たら本当に心の喜びも大きいですよね。仕事とは別で病院関係でのコンサート、すっごく素敵な活動だと思います♪
「自分の心の喜び」と「自分以外の方の心の喜び」―『各々が感じる喜び』があり、また音を通してその空間から生まれる「共有できる喜び」もあって、自分も成長しながら皆と共に幸せな気持ちになれるなんて最高ですね!!これからも頑張ってくださいね!!
私も一歩一歩前に進んで行きたいです。いやぁ〜行動力は大切ですね!では、お休みなさい(^-^)
Posted by flower at 2006年12月07日 03:22
感動しましたぁ(ToT)
榊原さん大人ですね…。良いことをしたら、良いことが返ってくる。
そんな言葉を思い出しました。
グランドピアノがある場所、探しますo(^-^)o
Posted by てく at 2006年12月07日 09:08
こんにちは。
すてきな文章にジーンとしました。
ボランティアとか音楽療法とかとても難しいので、構えちゃうんですが、誰かのためにすることは最終的に自分の心に帰って来てたりして・・・。
大さんのされているお仕事、迷いとか苦しみとかあるのでしょうが、私達ファンの力と励ましになっています。
大さんの音楽の力大きいです。
Posted by 夏華 at 2006年12月07日 16:20
思っていても、実行に移すのは、なかなか難しいコト。
実行する大さん、素敵です。
私も、心が元気ない時、大さんのピアノに元気貰ってます♪
『病は気から』と言うし、大さんのピアノは、入院されてる方の、心のおくすりですね♪
>皆、本気で泣いたり、笑ったり、歌ったりしてくれました。
目に浮かんで、心がホットになりました♪
>「身の回りから出来る事をやってみるべ構想」
見習います!
Posted by NO NAME at 2006年12月07日 17:43
すみません。↑↑↑名無しで書き込んでしまいました。。。
Posted by saoriっぺ at 2006年12月07日 17:45
大さん、とても素晴らしいです。
思いやりを行動や形にするのはとても難しいことなので、小さな第一歩が踏み出せたってことは徐々に二歩、三歩につながりますよ!!
私も日常生活の中で小さな勇気を振り絞って、思いやりを態度に表わせるように見習いたいと思います♬
Posted by まゆこ at 2006年12月07日 20:18
大さんすごいですね。本当感動して涙がでました。実るほど頭を垂らす稲穂かな。って感じですね。私は何も実ってないけど、少しは大さんを見習って生きて行きます。応援しています。
Posted by Ryu at 2006年12月07日 21:07
いつもと変わらない、飾らない大ちゃんが浮かびます。

病院施設でもピアノがあるところって限られそうですね・・・。
たくさんの人が大ちゃんのピアノで前向きな未来を感じられたらいいなぁ。

私たちファンも含め、大ちゃんの周りにはその気持ちに賛同する人がたくさんいるはずです。
私はなんのとりえもないけれど、私にも出来ることって何かあるのかな?って考えるきっかけをもらえたことにも感謝です。
みんながちょっとずつでも自分の出来ることを考えれば何かが変わるのかな?

三村奈々恵さんとのチャリティーコンサートもだいちゃんのそんな気持ちのひとつだったんですね。
Posted by spicy at 2006年12月07日 23:42
やっぱり大さんはスゴイです!

読んでいて自然に涙がながれてきました。
そういう大さんの人間性も含めて素敵な音楽になり、ピアノの音になるんですね^^

大さんのファンであること誇りに思います。
Posted by shino at 2006年12月08日 16:29
ここしばらくPCから遠ざかっていたのですが・・・こんなあったかいブログがアップされていたなんてっ!!

実行することも,こうしてブログで書くことも,正直勇気がいることかもしれません。
でも,「書かないと伝わらない」っていうのも事実。
大ちゃん自身が「発信する場所がない」っておっしゃってるくらいだから,伝えるために書かれているのがよ〜くわかります☆

本当に本当に,大ちゃんを誇りに思います。大ちゃんの奏でる元気になれる音楽も誇りに思います。
こんな大ちゃんの存在を知っているファンの方々も誇りに思います!!
Posted by ぽんぽこ at 2006年12月08日 23:04
おはようございます♪

前にO.Aされた、西村由紀江さんゲストの時のラジオを聴いて「おっ、素敵なことを計画されているんだな〜♪」と思っていたのですが、もう実現したのですね。行動力とか、さりげない優しさとか、本当に尊敬します。

大阪の2つの病院で大さんのピアノを聴いた方々のその時の表情や様子を想像したら、私も感動し嬉しくなりました☆

大さんのピアノを聴いて、癒される人・元気になる人、沢山いると思います♪
Posted by かおこ at 2006年12月09日 10:17
惜しい、今病院棟が新しくなって、院内コンサートは休止中なんです。悔しいなぁ。
でも復活したらお願いしたいです。お弁当とお茶は出ます。
そのときにはピアノ漫談お願いします(笑)
Posted by なか at 2006年12月09日 10:30
富士山よりも、高く遠い存在の大さんからのコメントに感動しました。それから、皆さんの書き込みにも感動です。悲しく理解できないニュースばかりで、人間不信に陥りがちな時代に大さんに出会うことができてよかったです。もっともっと発信して欲しいです。
Posted by テラ at 2006年12月09日 17:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

muzoboz1788
Excerpt: a_Ya__a_��_�a__a_Ta_ra_�a,^a,_a_-a__a_S�~a_,a_-a__a_Ta_,
Weblog: muzoboz1788
Tracked: 2007-03-02 16:34

hwkn.org
Excerpt: a_Ya__a_��_�a__a_Ta_ra_�a,^a,_a_-a__a_S�~a_,a_-a__a_Ta_,
Weblog: hwkn.org
Tracked: 2007-03-08 02:55

danielrandal.info
Excerpt: a_Ya__a_��_�a__a_Ta_ra_�a,^a,_a_-a__a_S�~a_,a_-a__a_Ta_,
Weblog: danielrandal.info
Tracked: 2007-03-09 10:48

kukarancha17
Excerpt: a_Ya__a_��_�a__a_Ta_ra_�a,^a,_a_-a__a_S�~a_,a_-a__a_Ta_,
Weblog: kukarancha17
Tracked: 2007-03-27 14:50

kukarancha24
Excerpt: a_Ya__a_��_�a__a_Ta_ra_�a,^a,_a_-a__a_S�~a_,a_-a__a_Ta_,
Weblog: kukarancha24
Tracked: 2007-03-27 17:24

opyatpervyi17
Excerpt: a_Ya__a_��_�a__a_Ta_ra_�a,^a,_a_-a__a_S�~a_,a_-a__a_Ta_,
Weblog: opyatpervyi17
Tracked: 2007-03-28 00:43

poshlivsenaxui03
Excerpt: a_Ya__a_��_�a__a_Ta_ra_�a,^a,_a_-a__a_S�~a_,a_-a__a_Ta_,
Weblog: poshlivsenaxui03
Tracked: 2007-03-28 02:58

poshlivsenaxui22
Excerpt: a_Ya__a_��_�a__a_Ta_ra_�a,^a,_a_-a__a_S�~a_,a_-a__a_Ta_,
Weblog: poshlivsenaxui22
Tracked: 2007-03-28 03:52

otoropeloono28
Excerpt: a_Ya__a_��_�a__a_Ta_ra_�a,^a,_a_-a__a_S�~a_,a_-a__a_Ta_,
Weblog: otoropeloono28
Tracked: 2007-03-28 06:50

zelenyizmei03
Excerpt: a_Ya__a_��_�a__a_Ta_ra_�a,^a,_a_-a__a_S�~a_,a_-a__a_Ta_,
Weblog: zelenyizmei03
Tracked: 2007-03-28 12:50

zelenyizmei14
Excerpt: a_Ya__a_��_�a__a_Ta_ra_�a,^a,_a_-a__a_S�~a_,a_-a__a_Ta_,
Weblog: zelenyizmei14
Tracked: 2007-03-28 20:48

zelenyizmei12
Excerpt: a_Ya__a_��_�a__a_Ta_ra_�a,^a,_a_-a__a_S�~a_,a_-a__a_Ta_,
Weblog: zelenyizmei12
Tracked: 2007-03-28 22:57

異種格闘技??
Excerpt: 朝までの仕事が一段落したと思ったら今度は朝からの仕事です。朝8時30分現地集合!!学校の音楽鑑賞会です。そして楽器の編成は「異種格闘技状態??」まずクラシックの金管奏者が7名、僕、そして和楽器のグルー..
Weblog: 壁に耳あり リョージに目あり
Tracked: 2007-05-03 02:45